村瀬美幸のチーズ通信

cheeses.exblog.jp
ブログトップ

コルドン・ブルー

昨日は、代官山にあるコルドン・ブルーさんで
チーズ上級講座の講師としてイタリア中部、南部編を担当してまいりました。

チーズプロフェッショナル協会の理事の方々が交代で
上級講座を担当していらっしゃるのですが、
チーズプロフェッショナル協会さんからのご依頼で
初めてのコルドンブルーでセミナーをさせていただきました。

和やかな雰囲気の中、ご受講の皆さまにイタリアチーズを楽しんでいただきました~♪

上級コースということで
チーズは一部珍しいチーズも選んでみました。

モッツアレッラ・ディ・ブーファラ・カンパーナ
ブッラータ
バリロット・ディ・ブーファラ
カチョカヴァッロ・シラーノ(ビアンコ)
ペコリーノ・トスカーノ(フレスコ)
ペアッサーノ(スタジオナート)

特に人気だったのはバリロットでしょうか。
専用グレイダー・ローズウッドで細長く削ると、皆さんチーズに釘付けでした。
水牛のリコッタの熟成タイプのこのチーズは、削るという演出もおもてなし向きですし、
とってもミルキーで美味しいのも人気です。

皆さんいろいろアレンジしてお使いくださいね~。

ブッラータもとっても美味しかったです。
グッファンティー社からフェルミエさんが特別輸入されたものでした。
牛乳製ですが、中の生クリームの風味が濃厚でクリーミーでした。

フェルミエさんでは、このブッラータタイプのチーズの
テネレッラが来月トスカーナのイルフォルテート社から入る予定だそう。
通常の大きさの他にミニサイズもあって、使い勝手もよさそうです。

夏にぴったりのチーズですのでぜひお試しになってはいかがでしょう!
私も予約しなくっちゃ!
[PR]
by cheesesalon | 2010-07-28 23:13 | チーズ講座